• Japanese
  • English
九州大学 国際法務室

トピックス

九州地域内大学輸出管理ネットワーク
第6回勉強会を開催しました。

日時:
平成25年5月15日(水)13:00〜17:30
場所:
JR 博多シティ会議室 10階 大会議室
[ 参加大学 ]
熊本大学、大分大学、九州工業大学、島根大学、山口大学、愛媛大学、神戸大学、九州大学
(順不同、8大学17名)
[ 内容 ]
  • 参加大学からの進捗報告
    ・島根大学
    学術国際部 研究協力課 大西課長補佐
    ・山口大学
    大学研究推進機構 産学公連携センター/研究推進戦略部URA室 平井教授
  • 報告事項:九州大学国際法務室より
    「大学の安全保障輸出管理実務に関する検討会」について 佐藤
    「米国大学の輸出管理実態調査」について 林田
  • ディスカッション
    テーマ:「『基礎科学分野の研究活動』と『Fundamental Research』」

 九州大学国際法務室では、大学の抱える安全保障輸出管理の諸問題について大学間で情報交換を行い、大学における輸出管理体制構築の一助とすべく、2010年12月より、九州地域内の大学において安全保障輸出管理担当者間のネットワークを構築しております。 当ネットワーク参加者を中心に、輸出管理実務における相談や情報共有を行うために、定期的に勉強会を開催しております。

 第6回目となります本勉強会では、まず島根大学と山口大学から進捗のご報告をいただき、続いて九州大学から2つの報告を行いました。

 その後の全体ディスカッションでは、日本と米国の許可例外について参加大学の皆さまと活発な意見交換を行いました。

1.参加大学による進捗報告

■島根大学 学術国際部 研究協力課 大西課長補佐より〜
島根大学安全保障輸出管理規則と島根大学安全保障輸出管理実施細則が平成25年3月14日に制定され、合わせてパンフレットを作成されたことのご報告をいただきました。

■山口大学 大学研究推進機構 産学公連携センター/研究推進戦略部URA室 平井教授より〜
今年度の安全保障輸出管理実績と2012年11月にwebページが開設された旨のご紹介がありました。実績の件数や実務の進め方等について参加者より質問があがりました。

2.報告事項:九州大学国際法務室より

■「大学の安全保障輸出管理実務に関する検討会」について 佐藤
RU11の大学を中心に、本ネットワーキングの参加大学やUCIPの構成大学の実務担当者が集まり開催した「大学の安全保障輸出管理実務に関する検討会」(昨年12月より全3回)の成果報告を行いました。当検討会での成果を今後我々大学がどのような方向へ展開して行くべきなのかついて議論がなされました。

■「米国大学の輸出管理実態調査」について 林田
九州大学国際法務室による昨年度1年間の調査事業について成果報告を行いました。報告はアンケート調査結果と、国際法務室が直接米国大学を訪問し得た情報を交えながら行いました。日本の大学と米国の大学の輸出管理についての類似点と相違点について、参加者から多くの質問や意見があがりました。

3.ディスカッション

通常は、参加者が数人のグループに分かれ議論を行う「グループ・ディスカッション」形式を取っておりますが、今回は初の試みとして、参加者全員でのディスカションとなりました。ディスカッション・テーマは「基礎科学分野の研究の定義」について。各大学で基礎科学分野の研究の定義をどのように捉えているのかについてご発言を頂き、また米国の大学でのFundamental Researchの捉え方についても参加者の皆様より多くの意見があがりました。

以上

» TOPページへ戻る » 過去のトピックス一覧へ
MENU CONTACT US

九州大学国際法務室

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3-8-34
産学官連携イノベーションプラザ3F
TEL:092-822-8848
FAX:092-822-8844

(平成28年8月1日に箱崎キャンパスから移転しました。)
※産学官連携イノベーションプラザへのアクセス方法は、九州大学学術研究・産学官連携本部のHPをご覧ください。

病院分室(毎週水曜日開設)
馬出キャンパス・新外来診療棟5階 病院事務部戦略企画課内
連絡先:91-3771(学内のみ)

E-Mail

legal*qilo.kyushu-u.ac.jp
(*を@に変更お願いします。)