九州大学 法務統括室

外為法に基づく安全保障輸出管理

我が国をはじめ多くの国では、大量破壊兵器の製造・開発につながるような貨物(もしくは技術)が、自国及び国際社会の安全を脅かす国家やテロリスト等に渡ることを防ぐため、先進国を中心とした国際的な枠組みを作り安全保障の観点に立った管理を行っています。我が国においては、この取り組みを外為法に基づき実施しており、大学も法を遵守した対応を実施しなくてはなりません。

本学では九州大学安全保障輸出管理規程を2010年4月に施行しました。当規程では、海外への研究資機材等の送付(もしくは持ち出し)を行う場合や外国人研究者(留学生)等への技術の提供を行う場合において、大学として一元的な管理を行うことを定めています。

研究者の皆様には、海外への研究資機材等の送付(もしくは持ち出し)を行う場合や外国人研究者等への技術の提供を行う場合には、以下に従い、必ず事前に輸出管理の申請手続きを実施されるようお願いいたします。

参照

申請手続き

Web からの申請がスタートしました。

申請者

海外への研究資機材等の送付(もしくは持ち出し)や外国人研究者(留学生)等への技術の提供を実施する教職員。

※学生が行う場合は指導教員が当該手続きを代行すること。

申請手順【学内限定】

1 例外確認 2 申請書作成・その他関連資料の準備 3 部局輸出管理部署への提出 4 許可証受領

参考資料

関連情報