九州大学 国際法務室

国際法務室紹介

若山 正人 / MASATO WAKAYAMA

役職・担当

室長・理事・副学長

挨拶

国際法務室は、2011年4月に開設されて以来、今年で7年目を迎えました。国際的な学術活動の推進を契約書作成や安全保障輸出管理などの法務・コンプライアンス面から支援するこのような組織は、未だ全国の大学でもあまり類を見ない部署です。国際法務室は、急増する学内での国際活動案件を安心・安全に実施するために必要不可欠な存在であることを、多くの先生方にご理解をいただいております。私たちは大学の法務・コンプライアンスを理解し実践する専門部署として、多様化するニーズに対応させていただきます。どうぞ気軽にご相談ください。

佐藤 弘基 / HIROKI SATO

役職・担当

研究推進専門員・MBA

バックグラウンド

九州大学大学院法学府博士単位取得退学。2009年より九州大学知的財産本部国際産学官連携センターにて国際法務担当として契約実務にあたる。同時にビジネススクールで産学連携法務にかかる研究を行う。国際法務室の設置(2011年)に伴い知的財産本部(現、学術研究・産学官連携本部)から異動。

自己PR・豊富等

国際法務室では3,000件以上の契約締結支援、法務相談及び安全保障輸出管理実務の対応実績があります。これからも大学と研究者の皆様が、国際的な研究・教育活動を含む国際プロジェクトを安心して推進できるよう、リスクマネジメントの視点から法務的な支援をさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

初 春 / CHU CHUN

役職・担当

国際法務担当

バックグラウンド

九州大学大学院法学府修士課程修了(研究分野は国際経済法)。企業の知財部門で国際法務担当として英文契約、中国語契約などの契約審査、作成、交渉などに関わる。2015年11月より現職。

自己PR・豊富等

企業での経験を活かしつつ、国際化を進める大学が直面する多岐な法務・契約に関する問題を取り扱います。国際という大舞台の中で活躍している研究者の皆様を、法務・契約の側面からサポートさせていただきます。中国の法律にも対応できます。中国語、英語も堪能です。お気軽にご相談ください。

赤坂 有美 / AKASAKA YUMI

役職・担当

国際法務
安全保障輸出管理

バックグラウンド

国際交流系NPOで政策提言等国際プロジェクトの運営に参画。国際機関、日本政府、非営利組織、企業など、多国籍のセクターを繋ぐプラットフォームとしての研究機関の可能性に着目し、2017年10月より現職。東京大学大学院教育学研究科修了。

自己PR・豊富等

頻発するテロや広がる経済格差や深化する高齢化、不確実性の高まる現代社会において、大学が国際化を進める上で生じる課題は無数に存在します。さらに社会との回路が増えたことで大学を取り巻く環境は複雑化しており、クロスボーダーで契約締結の機会が急増しています。平和構築、軍縮、政治家交流等幅広い分野における国際契約経験を活かして法務面から、大学におけるイノベーティブな研究環境の基盤整備に取り組めたら何よりの喜びです。例えば、海外研究機関やグローバル企業との共同研究、秘密情報の管理など、契約締結前にお気軽にご相談ください。

MENU CONTACT US

九州大学国際法務室

〒814-0001
福岡市早良区百道浜3-8-34
産学官連携イノベーションプラザ3F
TEL:092-822-8848
FAX:092-822-8844

平成31年春、伊都キャンパス移転予定

※産学官連携イノベーションプラザへのアクセス方法は、九州大学学術研究・産学官連携本部のHPをご覧ください。

病院分室(毎週水曜日午前)
馬出キャンパス・ウエストウイング棟6階 病院事務部研究支援課課学術係内
連絡先:092-642-4399
(内線: 91-4399)

工学分室(毎週火曜日午後)
伊都キャンパス・ウエスト4号館4階 工学部等事務部学術研究支援課研究契約支援係内
連絡先:092-802-3890
(内線: 90-7732)

E-Mail

legal*qilo.kyushu-u.ac.jp
(*を@に変更お願いします。)