新たに研修生が増えました。(吉村)

投稿日:

吉村 藍 YOSHIMURA Ai

経歴

九州大学法学部 GVプログラム5期生

出身:長崎
趣味:カラオケ、読書

自己紹介

2022年10月から法務統括室で研修生として働き始めました。執筆時点で2回しか勤務していないため、まだわからないことが多く、他の研修生や職員の皆さんに頼りきりの状態です。

少ない勤務日数にも関わらず、既に様々な契約書に触れることができ、大学法務の取り扱う分野の幅広さに驚いています。このインターンを通じて、多くの学びを得たいと考えています。

新人研修生 プロフィール(日高)

投稿日:

日高美優 HIDAKA Miyu

経歴

鵬翔高等学校出身

九州大学法学部 GVプログラム6期生

出身:宮崎県
趣味:スポーツ観戦/ 自然散策

自己紹介

九州大学法学部GV6期生の日高美優です!趣味はスポーツ観戦で、最近はキックボクシングなどをYoutubeなどで閲覧することにハマっています!これまで水泳、陸上、ハンドボール部に所属し、大学ではチアリーディング部に所属していました!法学は決して得意とは言えませんが、法務統括室で多様な契約書に触れることは大変興味深く、自分自身の勉強にもなるため、毎回楽しみにしながら出勤しています!

まだまだ分からないことばかりですが、様々なことに積極的にチャレンジする姿勢を忘れず、一生懸命業務に取り掛かろうと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!

卒業生インタビュー:仮上峻介さん

投稿日:

今回は、昨年度まで法務研修生として活動し、今年4月からは、自動車メーカーの法務部にて働き始めた、仮上峻介さん(GVプログラム4期生 2022年3月卒業)に、法務統括室での研修や現在の仕事についてインタビューを行いました!

仮上 峻介 KARIUE Shunsuke

経歴

九州大学法学部(2022年3月卒業、GVプログラム4期生)

Q.現在の仕事は?

自動車メーカーの法務部で働いています。勤務地は栃木なんだけど、日頃作業着を着てるから、スーツとかずっと着てないですね(笑)

仕事内容は、米国PL訴訟の開示・証言対応を主にしてます。

Q.訴訟の開示・証言対応って、具体的にどういうことをしているんですか?

PL訴訟って、主にアメリカが多いんですけど、その訴訟で開示する書類を、現地法人の人たちに送ったり、抗弁ストーリーを考えたり、証人の手配をしたりしています。

PL訴訟のほとんどは、アメリカだから、基本は現地法人が対応するんですけど、裁判するためには、開示する資料の準備をしないといけない。だから、現地法人から研究所のある日本に対して、こういう書類を送ってくださいとか、技術的な質問をしてきたりとか依頼がくるんです。それを受け取って、日本語にして、研究所の人に聞きに行ったり、こういう書類を出してくださいって依頼をする、そして集めた情報をアメリカに送るのが、自分の仕事って感じです!

それとか、法廷で証人として日本の技術者の方が証言することもあるんですけど、その人たちは裁判には慣れていないから、裁判での発言とかのレクチャーをすることもあります。

Q.法務統括室での研修を振り返って、現在の仕事に役立ってることとかありますか?

アメリカとのやりとりが主な仕事で、基本全て英語だから、法務統括室で、英文契約書を審査したり、理系の先生の英語の研究の周辺情報を集めたりして、慣れていてよかったと思いました。今、法務部とはいえ、研究所の人に技術的なことを質問して、それを現地法人の人に伝えないといけないから、知らないことを英語で学ぶっていうことは、法務統括室で自分の知らない分野の情報とかを見ることと似てるし、それにアレルギーがないっていうのは、役に立ってるのかなって思います。

あと、英語でのビジネスメールの書き方とか、電話の取り方とかもかな(笑)

Q.法務統括室での研修で、印象的だったことはありますか?

ある契約書をレビューした時に、これは学生の目からしても明らかに修正しないといけないところがたくさんあったことです。それで法務部の重要性を再認識しました。

あと、実際に研究者の方のところ佐藤さんと一緒にヒアリングに行ったこともですね。いつもは研究計画書とか契約書とかだけを見るけど、やっぱり直接先生から技術への思いを聞くことで、契約書の裏にある背景情報をしっかり理解することができました。

契約書の裏では、誰かが何かをやりたいっと思ってるから、契約書が大事なんだなって思いました。

Q.大学での学びと法務統括室での学びの違いってありましたか?

法律論的にはあっていても、ビジネス的に考えたらベストではないことが多くありました。

契約法の授業では、ビジネスの観点からではなく、法律論として学んでいたから、法務統括室では、法律を学ぶというよりは、法律を活かすという感覚を学びました。

理系のことを法律面からサポートするから、課題協学ってこういうことをしたいんだろうなって思いました(笑)


2022年9月28日実施
インタビュアー:田中(GVプログラム4期生)、実施形態:Zoom

多くのことを勉強しています!(後藤)

投稿日:

後藤 穂乃実 GOTO Honomi

経歴

出身:大分県

趣味:フラダンス

ゼミ:国際公法/国際私法

自己紹介

今年の4月から、法務統括室でインターンとして働いています。

インターンでは、主に契約審査をしています。本物の契約書を読んで、どういう部分が法的に問題となるのかを考えたり、法務統轄室の方々からアドバイスを頂けるので、とても勉強になっています。

インターンに参加する前は、法務の仕事に対して、漠然としたイメージしか持つことができませんでしたが、この3ヶ月間の間に、仕事の体験や法務統轄室の方々との交流を通して、法務の仕事についての理解を深めることができています。

法務研修はとても充実しています!(上原)

投稿日:

上原 朔也 UEHARA Sakuya

経歴

九州大学法学部 GVプログラム5期生

出身:沖縄
趣味:F1観戦、バイクでツーリング

自己紹介

2022年4月から法務統括室で研修を始めました。現在取り組んでいる国際取引法の勉強を深めて将来に活かしたいと思い、この研修への参加を決めました。まだ始めて2ヶ月ほどですが、契約書の審査や与信調査、入口管理など、大学法務の幅広い業務を経験しています。学生ながら法務実務を体験することができ、ゼミなどでの取り組みをダイレクトに活用できるのでとても勉強になります。

法務統括室でもっと経験を積んで、将来のキャリアに活かしていきたいです!

よろしくお願いします(久保)

投稿日:

久保 正優 KUBO Masahiro

経歴

九州大学法学部 GVプログラム

出身:鹿児島県

趣味:アカペラ

自己紹介

2022年4月より、法務統括室で研修生として働かせていただいています。学部生として法律を学びながら、大学法務や国際法務の実務を間近でみることができ、とても貴重な経験になっています。統括室の方々や先輩方に教えていただきながら、これからも頑張っていきたいと思います!

こんにちは(宮司)

投稿日:

宮司 佳歩 MIYAJI Kaho

経歴

九州大学法学部

趣味
音楽を聞くこと

自己紹介

2022年4月から法務統括室で研修生として働き始めました。法務の難しさに圧倒されていますが、法務統括室の方々や先輩方に教えていただきながら、契約書の審査や入口管理などの実務を通して少しずつ、楽しく学んでいます。今年の夏から留学する予定なのですが、英文契約書は英語も学べるのでお得だなぁと嬉しく思っています。

はじめまして(山本)

投稿日:

山本 龍矢 YAMAMOTO Ryuya

経歴

九州大学法学部 GVプログラム 早期卒業。
同大学大学院法学府法政理論専攻国際コース(LL.M.プログラム)所属。

出身:広島県
趣味:お酒

自己紹介

2021年7月から法務統括室で研修生として働きはじめ、これまで教職員向けのe-learningの作成、契約書のドラフト・レビュー、入口管理など、幅広い業務を経験させていただきました。元々民法、特に契約法に興味があったので、契約関係の業務を一番楽しんでやってます笑。
現在、絶賛修士論文を執筆中なのですが、QILOで法務実務を経験したおかげで実務の観点を入れた分析ができるようになり、とても助かっています!